救急医療に携わるフライトナースについて

フライトナースとは、ドクターヘリに同乗して緊急時の対応にあたる看護師のことを指します。ドクターヘリとは、急を要する重病人や、一刻も早く処置をしなければいけない怪我人を運ぶものなので、救命救急センターなどを経験している看護師が活躍しています。医師はもちろんのこと、看護師にも素早い判断力や幅広い知識を持っていることが求められるからです。

また、この仕事に就くためには、さまざまな資格も取得しなければなりません。そのため、ドクターヘリに乗る前に全ての資格を取得している人もいれば、勤務を開始してから順次資格を取得していく人も少なくありません。BLSやACLS、JPTECといった資格の取得は必須と言えるでしょう。また、多くはありませんが、小児用のPALSなどの資格を持っている看護師もいます。それから、フライトナースは、患者や周りの人たちへのヒアリング能力も必要になりますし、仲間と連携して仕事を行う必要もあるので、高いコミュニケーション能力も欠かせません。誰かの後について仕事をするような人柄では困るので、率先して仕事を行い、自然とリーダーシップを取ることが出来るような人物がふさわしいと言えるでしょう。

ドクターヘリでは、限定された設備で最大限の治療を施すことになるので、非常に大変な仕事です。そのため、狭き門であるフライトナースの選出基準は「日本航空医療学会・フライトナース委員会」が決めることになっており、それぞれの病院で追加条件を設置し、そこから選考していくことになっています。しかも、最低でも5年の看護師経験が必要になるので、フライトナースを目指すのであれば、早い段階から計画的にスキルアップをしておく必要があるでしょう。